スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザク再び

ザク5

おかしい

当初の予定
一部溶きパテによる鋳造表現
筆塗りとドライブラシ仕上げ
武器なし



現在
頭部小型化
モノアイ可動
くちばし修正
肩部取り付け位置修正
動力パイプ修正
MG用マゼラトップ砲装備
でっちあげのツィメリットコーティング
ランドセル移植

んでー

今まさに
脚の甲を切り離すか真剣に悩み中だったりする・・・
セレブなモデラーならば06Rを移植すれば一瞬でケリがつくんでしょうがw

あー
腰のパイプはアルミ線が切れたので保留
半田だとバネの張力に負けちゃう太さなので
手首は色々と試した結果
ブキヤのが一番いいね!

ビルダーパーツのバーニアはザクにはでかすぎたw
スポンサーサイト

センチネル

DATA DATA DATA DA
識別番号 :ORX-103
識別名 : ガンダム Mk。V
特記 :  インコム・システム搭載機
諸元は次のファイルを参照 ■
DATA DATA DATA DA 

「うへぇ、こいつもガンダムタイプだぜ。インコムだってよ・・・。畜生。何がMK-Vだよ」


ご存知かとは思いますが 型式番号はORX-013が正解です
小説読み直してて今頃誤植に気がつきましたw

ご無沙汰してます、ばんちょです

決算棚卸し
終わってません
終わるわけがありません(涙)

本来店頭に並べる予定だったMK-Vは
あたしの部屋で鎮座してます
ストレスは買い物で発散するのがあたし流

色々と突っ込みたいところはありますが
それはまたの機会にw

メサイア

vf25

定期健診のついでに再販のリニューアル版を回収してきました

でもね
何かもうおなかいっぱい
確かに良く出来てるんです
形も良い
保持も良い
値段は相変わらずw
でもバンダイバルキリーはこれが最後でいいかな?

天下のバンダイなんだから
最初からこのクオリティで出せたんだろなと思ってしまう自分が居るw
そもそも初期のVF25の設計が自社なのか外注なのかは知りません(ルシファーは外注らしい)

むしろコレが出た所為で初期型がゴミに成り下がったとしか思えない・・・
まぁー当時から限定版の追加兵装が後から色換えセット通常販売とかやってくれてるし
正直バンダイ製マクロストイにはあまり良い思いはしてませんw
それでも騙されてお布施しているのです

絶賛されているリニューアル版ですが
なんだろう
すごいんだよ?
すごいんだけどこみ上げるものが無い・・・・

やまと製品みたいな今の限界を注ぎ込みました感がないのです
変形トイとしての安定感は比べるまでもなくバンダイのほうが遥かに上ですけどw
贅沢なんでしょうけどバンダイの新製品見てもときめかないんですね

バンダイなら出来て当たり前

そんな偏見がいつごろから出来てしまったのやら
これがプラモデルにも当てはまってしまって
最近は現行キットに手を出さなくなりました

でもね
MSVの在庫がとんでもないことに・・・w
棚卸しが終わったらドムを再開しましょう



届いてた



7月に予約していたアーマードパーツが納品されました
外装パーツと武器のセットで送料合わせて約6000円でし

高ぇよ!!

それでもお布施する無能なあたし・・・
4月には念願の量産機カラーが出ます

念願だったんですけど
買わないと思います

121229_012340.jpg

だってさ
パーツ着けるのに1時間だよw
もーさ
バンダイのバルキリー硬すぎww
この前調整したのにまだ硬すぎ
と言うか
アーマーパーツのバリが酷くてですね
削り落としてからじゃないとはまらないんですね
機体本体のクリアランスがシビアすぎて遊びがないんです
着せ替えしてる間に黒いラインが擦れて消える消えるww
ファイターに戻すのに脚のアーマーがぶつかって戻らないし
気を使いすぎる玩具ってあたしには向きません
破損しないのはさすがなんですけどね


さて
これどうやって戻そうかな・・・
久しぶりに息抜きできたと思っておきましょう

さー
年末乗り切るぞ!!

171EX

えーと
DX超合金VF-171EX一通り可変させてみました
あたしはバンダイ製品のバルキリーを可変させることは滅多にありません
旧VF-25のトルネード仕様とこの171EXだけです
やまと製品の方が破損しやすいんですけどね
どこが壊れやすいか理解しているので扱いやすいんです
成型色だから色も剝げないですしね・・・リタッチは面倒くさいのですw

あたしの買った171は右手首のスライドと左主翼に多少の問題がありました
手首より開口部の方があきらかに小さく、出てきません
成型不良だったのでヤスリで平らにして解決
主翼のほうは、きっちりファイター時の位置に来ないのです
若干隙間が開いちゃう感じですね
ここはロックされる訳でもないので仕方ないので放置w

変形の感想ですが
リニューアルVF-25よりは劣ってます
とは言え変形システムが違いますしね
あっちは旧25と27を叩き台にしての再設計ですし、比べるのも間違いですかね?
ロックはしっかり過ぎるほどきっちりしてますし
ダイキャストの間接は折れそうなほどに硬い
特に股関節が鬼のように硬くて・・・

この部分は開けてみると中にネジが2本あって
それの締めぐあいで保持力を調整できます
できますけど・・・
あたしのは右側のカバーが変形してて外すのに苦労して
その後見事にカバーが入らなくなりましたww
2時間ほど奮闘して何とか治りましたけど
試す方は自己責任でお願いします

3形態とも見事に決まる素晴らしいトイなんですけど
とにかく設計がタイトでして
あっちこっち色が剥げるのです・・・
肩の黒いパーツなんて割れるんじゃないかとビクビクしながらの作業ですし
パーツの移動なんて変態LVですしね
こういうのはやまとでは無理なんでしょうね
あれは強度に不安があっちこっちにありますから

何か必死にファイターに戻していたら画像撮るの忘れてましたね・・・

ブラックロータスですが
実はまだ仮組も終わってません・・・
1/60のVF1-Jが修理に回ってきてますので、それが終わり次第になります

どーせ肩の展開部分が砕けてるに決まっているんだ・・・
あそこは金属製にしてもらいたいものですね
微妙に軟質プラっぽいし・・・瞬着つきにくいのです

では今日はこの辺でw
NEXT≫
プロフィール

ばんちょ

Author:ばんちょ
基本積んどく派です。
挫折頻度かなり高いです。
80年代とマイナーメカ大好き
パーツ多いとイライラするんだよ・・・
コメントはご自由に!!
よろしくお願いしますw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ドラクエ風アクセスカウンターもどき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。